仙台市泉区のいずみ往診クリニックは訪問診療を専門に行っています。

第7回勉強会

嚥下障害について

第7回勉強会風景

今回の勉強会は、最近耳にすることが多くなった「誤嚥」に関する摂食・嚥下機能についてです。


フォーレスト訪問看護ステーションの理学療法士の方に、訪問リハビリスタッフの立場から嚥下のメカニズムや在宅での食事介助の注意点、摂食嚥下障害のリハビリテーション等について学ばせて頂きました。


『嚥下』とは、水分や食べ物を口の中に取り込んで、咽頭から食道・胃へと送り込むことです。これらの過程のどこかがうまくいかなくなることを『嚥下障害』といいます。


嚥下障害については様々な思いや悩みが尽きません。利用者様、御家族で『口に物は運ぶがなかなか飲み込んでくれない』、『最近むせることが多くなった』、『食事の際口も開けてくれない』等の問題点がでてきます。今回、実際の食事場面で気を付けること、観察のポイントについても詳しく知ることができました。


参加くださった方からは、「今まで自分が行ってきた事と比較することができ不安が解消された」等のお声が聞かれました。具体的な症例を含め、嚥下体操の仕方など実践に役立つ勉強会でした。


加藤