仙台市泉区のいずみ往診クリニックは訪問診療を専門に行っています。

熱中症について

毎日暑い日が続いていますね。最近では東北地方も、気温が真夏日から時には猛暑日となり、「熱中症」の患者さんの発生がみられる様になってきました。
今年は、特に大震災後の影響で節電対策が推奨される中、皮肉にも「節電熱中症」なる言葉もメディア間で飛び交っている模様です。

そもそも「熱中症」とは、発汗や循環機能に異常をきたし、体温調節がうまく出来なくなる事によって生じる様々な体の不調を総称したものです。日本特有の気候(高温・多湿)環境下では、水分が蒸発しにくいために発汗の効果が妨げられて「熱中症」が生じ易くなっています。めまい、立ちくらみ、脱力、疲労、頭痛、眼のかすみ、筋肉の痛み、吐き気や嘔吐などの「熱中症」の症状が起こった場合は、
  ① すぐに日陰などの涼しい場所へ移動する
  ② 衣服を緩めて風通しを良くし、首や脇の下を冷やす
  ③ アイソトニック飲料水等の水分・塩分の補給を行う
  ④ ふつうに歩けない、意識がおかしい、反応が鈍い場合は、すぐに救急車を呼ぶ
また、体温調節機能の低下や温度に対する感覚が弱くなる高齢者や、体温調節機能が十分に発達していない子供(小児)は特に注意が必要です。周りの者は様子をよく観察して、こまめに水分をとらせてあげて下さい。

最後に、「熱中症」の予防には一般常識を働かせることが大切です。例えば、非常に暑い場所での激しい運動を避ける、高温・多湿の環境下では薄着をして体を締め付ける衣類は着用せず、綿などの通気性の高い素材の衣服を着るといったことです。建物の中(屋内)や車内でも、涼しくしなければ容易に温度が上昇し、「熱中症」になり易くなることに気を配って下さい。
再度申し上げますが、暑い夏を乗り切るために以下のことを心がける様にしましょうね。
  ① 日陰や風通しの良い場所で過ごす工夫をする
  ② 喉が渇いていなくても、こまめに水分や塩分の補給(水1Lに対して塩分1-2g)を行う
  ③ 外出の際には薄着をしたり、縁のある帽子を着用したり、日傘をすることを忘れない
  ④ 運動の際に適度の休憩とアイソトニック飲料水などの水分補給に努めて下さい

(追記)
毎年消防庁のHP(下記)から出ている「熱中症」リーフレットをご参照になさって下さい。
http://www.fdma.go.jp/

原口